読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅をする生態系

知っているようで知らない自然のこと

野生動物との付き合い方

コラム

f:id:yu_takagi:20170216203205j:plain

都市に住む人にとって野鳥は一番身近な野生動物ではないでしょうか。ドバト、カラス、スズメ、ムクドリなど、都市を住処にする野鳥を見かけない日はありません。珍しい野鳥を観察するバードウォッチングは世界でもポピュラーな趣味の一つと言えるでしょう。

www.birdfan.net

自然を知る良い機会となっている一方で、観察マナーやが野鳥の巣に過度に接近して野鳥にストレスを与えるなどの問題も指摘されています。

 

f:id:yu_takagi:20170216205019j:plain

また、一部では触れるなどの直接的接触及び水などを経由した間接的接触によって人間に重大な病気をもたらす野生動物も存在します。その代表例がキツネや野ネズミに寄生するエキノコックスです。北海道ではどんな清流であろうとも川の水を飲むことは避けています。一応その他の地域でも川の水を飲むことはお勧めしません。

www.cpvma.com

 

f:id:yu_takagi:20170216205743j:plain

シカは人間にとってはあまり害のある野生動物ではありません。しかし、オオカミなどの天敵が消えたことによって増えたシカは、植物を根こそぎ食べてしまい生態系に大きな変化をもたらす存在です。多くの日本の森林で、増えたシカは問題とされています。対策として狩猟やシカ柵の設置等が進められていますが、究極の解決策にはなっていません。現実的ではありませんが、究極の解決策はオオカミなどの天敵を復活させることでしょう。

 

f:id:yu_takagi:20170216210809j:plain

クマは人間にとって、最も恐れるべき野生動物の筆頭です。北海道、知床のウトロは町がクマ除けの電気柵に囲まれており、人間は柵の内側で生活しています。しかし、一部のルールを守らない観光客は写真撮影のためにクマに接近します。そうして人間に慣れてしまったクマは人間を恐れなくなり、いつの日か人間を襲うようになる可能性があります。人間を襲う可能性のあるクマ(問題個体)は行政から駆除命令が下されます。

www.shiretoko.or.jp

 

このように、人間が野生動物との距離感を間違えると双方に不幸な結末が訪れてしまうかもしれません。自然の中の野生動物は、動物園の飼育動物とは異なることを理解する必要があると思います。