読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅をする生態系

知っているようで知らない自然のこと

野生動物との付き合い方

都市に住む人にとって野鳥は一番身近な野生動物ではないでしょうか。ドバト、カラス、スズメ、ムクドリなど、都市を住処にする野鳥を見かけない日はありません。珍しい野鳥を観察するバードウォッチングは世界でもポピュラーな趣味の一つと言えるでしょう。 …

燃えるヨセミテ国立公園

アメリカ、カリフォルニア州に位置するヨセミテ国立公園は、アメリカ国内においてイエローストーン国立公園に次ぐ人気を有する国立公園です。1984年にユネスコの自然遺産に登録され、アメリカ国内外から年間に400万人を超える観光客が訪れています。その広さ…

ジャイアントセコイアとデスバレー

ジャイアントセコイア(Sequoiadendron giganteum)は地球上に現存する最も体積が大きな樹木です。アメリカ西部のシエラネバダ山脈の西側に生えており、セコイア国立公園やヨセミテ国立公園でその姿を見ることができます。ちなみに体積は世界最大の動物である…

チャールズ・ダーウィン 〜 生物多様性の成り立ち 〜

2月12日はチャールズ・ダーウィンの誕生日です。ただし200年以上昔の1809年のことです。ダーウィンは自然選択による生物の進化(=進化論)を唱えた「種の起源」の著者であり、現代生物学の礎を築いた人物です。NHKの自然番組「ダーウィンが来た!生きもの新伝…

知床と観光

知床はアイヌ語のシリエトク(意味:地の果て)という言葉が語源になっています。現在では道の駅の名前として採用されていたりします。その名の通り北海道の東の果てに位置しており、最寄りの女満別空港から車で2時間ほどの道のりを経て辿り着くことができます…

生物多様性は必要か?

多様性が大切!といった意味合いのスローガンは、現代社会において広く使われています。人材の多様性、文化の多様性、価値観の多様性など、現代社会において多様性は社会の変化と発展に重要な要素であるとみとめられています。 私が専攻する生態学においても…

旅をする生態系

生態系という単語をGoogleで検索すると検索予測の第2位が「意味」、第4位が「定義」となっています。最初は生態系とは何か?から始めたいと思います。他にも興味深い検索予測が並んでいるので後々取り上げるかもしれません。 大辞林(第三版)より、 せいたい…